女性ホルモンの減少が加速する更年期障害|悪化を食い止めよう

Women

健康を保つために

医者

胃潰瘍や大腸がんなど、便に血液が混じる場合には様々な病気が隠れている可能性があるため、健康診断で検便検査を行うところが多いです。以前に比べて受診者の負担も減っており、専用のキットを用いて提出するだけの簡単な検査になっています。

もっと読む

デリケートな更年期

カウンセリング

女性ホルモンの減少

更年期障害は閉経を迎えるにあたって女性ホルモンが減少が加速するのが原因で現れる症状です。更にこの年代の女性が抱え込む人生の悩みがストレスとなり、自律神経にも作用します。更年期障害はホルモンバランスの乱れと自律神経の乱れが原因で起こる症状とも言えます。更年期障害が現れた女性の半数以上が体感する症状としてはホットフラッシュや発汗が挙げられます。更年期障害の症状は数年間続くこともあるので、症状が重い場合は治療が必要になります。まずは病院での診断が必要になるのですが、更年期障害だと思っていたら実は精神疾患だったということもありますので、自己診断はせずに病院で専門家に診てもらうのが一番確実かもしれません。悪化を食い止めましょう。

治療の進め方とは

病院で更年期障害だと診断されたら、症状によって治療の進め方が異なります。軽い場合はカウンセリングなどを行って生活習慣にも原因があるならば改善させるように指導されるでしょう。カウンセリングのみで症状が改善していくケースもありますが、深刻になってくると薬物療法が用いられます。ホルモン療法を行う場合は副作用についても説明を聞いておく必要があります。ホルモン療法を行うことによって乳がんなどの確率が若干高くなるというデータも発表されています。メリットやデメリットを確認した上で治療を進めてください。更年期障害に差し掛かる合図としては月経のリズムや経血の量が変化します。症状が辛くなったら専門的な治療を受けるようにしましょう。

比較的多い良性の腫瘍

女の人

比較的多い良性の腫瘍として聴神経腫瘍があります。自然と腫瘍が小さくなることが多いため、経過観察で問題ないことも少なくありません。ほかの治療方法として放射線治療や開頭手術があります。症状は耳の聞こえの悪化やふらつき、めまいなどが起こります。また、腫瘍が3センチを超えると治療の必要性が出てくるので注意しましょう。

もっと読む

怖い脳の動脈瘤

婦人

脳動脈瘤は脳動脈の血管壁に瘤ができた状態で、神経の圧迫や出血するリスクがあります。出血するとくも膜下出血となり、半数以上の人が死亡するか重篤な後遺症を遺します。破裂前に手術をすれば出血を未然に防ぐことができます。破裂するまで自覚症状があまりないので検査を受け早期発見し早期に処置をすることが大切です。

もっと読む